猫の一般内科・外科

猫の一般内科・外科

一般内科

尿石症

猫の尿石症は若齢の猫においてよくみられる疾患で、血尿や排尿障害などの症状がみられるのが特徴です。尿石とはいわゆる膀胱結石などと同じものですが、猫の場合尿石といってもほとんどが細かい砂状で、砂粒症と呼ぶこともあります。この尿石が膀胱を傷つけたり、尿道に詰まったりして症状を引き起こします。症状を繰り返すと慢性膀胱炎や尿道狭窄を起こすこともあり、生活に支障をきたすこともあります。

オス猫はもともと尿道が狭いので尿石が詰まりやすく、完全に尿が出なくなってしまうことがあります。これを尿道閉塞と呼び、発見が遅れると腎不全になって死んでしまうこともある恐ろしい病気です。もしネコちゃんが頻繁にトイレに行く様子が見られたらその日のうちに病院に連れて行きましょう。

尿石のでき方には二通りあります。
一つは膀胱の中に細菌が入ってしまい、それが核となって結晶ができる場合です。もう一つは尿に含まれる成分が濃くなりすぎて結晶ができる場合です。これは例えると、濃い塩水が飽和すると塩の結晶ができるのに似ています。どちらの場合も尿が濃いほど結晶ができやすく、飲水量が減る冬の時期に症状が出ることが多いです。

尿石の種類はいろいろありますが、リン酸アンモニウムマグネシウムを主成分とするストラバイトとカルシウムを主成分とするシュウ酸カルシウムが有名です。この尿石は食餌中に含まれるリンやマグネシウムあるいはカルシウムが尿中で結晶化して作られます。すべての食餌にはそれらのミネラルが含まれていますが、過剰に取ると尿石ができやすくなります。食餌の成分には気をつけてあげましょう。

一般に売っているフードでも猫下部尿路疾患(FLUTD)対応と書いてあるものはミネラルが多少制限されています。尿石は体質によってできやすい子とできにくい子がいます。できやすい子はもっと制限された処方食を必要とすることがあります。尿石は尿検査でその傾向がわかることがあります。心配な場合は定期的に尿検査をしてあげましょう。

ねこのかぜ

人がかぜをひくように猫もかぜをひきます。特に寒くなって乾燥してくると症状がひどくなることがあります。かぜは鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの他覚症状と頭痛や悪寒などの自覚症状をともなう呼吸器系の病気の総称で、ウイルスや細菌の感染が原因です。動物によって原因ウイルスには違いがみられます。

一般に飼い主様がインフルエンザウイルスに感染していても猫や犬にはうつりません(フェレットにはうつります)。 また猫はヘルペスウイルスやカリシウイルスなどが原因でかぜをひきますが、逆にこれらは人にうつりません。猫ウイルス性鼻気管炎は猫のヘルペスウイルスが原因のかぜの一つです。ワクチンで予防できますが、一度かかってしまうと一生ヘルペスウイルスが体の中に残ってしまいます。かかった後ではワクチンが効きませんので、かかる前に予防する事が大切です。

猫伝染性鼻気管炎(猫ウイルス性鼻気管炎、FVR)

猫伝染性鼻気管炎は猫ヘルペスウイルスが引き起こす病気で、主な症状は涙目、角結膜炎、くしゃみ、咳、鼻水などです。それらの症状によって飛沫、空気感染を起こします。

猫風邪といわれるように、猫の間では普遍的な病気で、多くの子がウイルスを持っており、人間のヘルペスウイルス同様、一度感染すると細胞の中にとどまってしまい生涯ウイルスを保持します。免疫力があれば症状は出ませんが、体調を崩したときなどに涙目、くしゃみなどの形で症状を再発します。中には後遺症的にそのような症状が慢性的に残ってしまい、治らない子がいます。

成猫ではたいてい重篤な病気ではありませんが、他の病気と混合感染することがあり、仔猫や高齢猫ではこじらせると命取りになってしまうことがあります。スタンダードな3種混合ワクチンに含まれる病気ですが、ワクチン接種前に感染したものはワクチンをうっても感染が消えることはありません。ただしワクチンで抗体価が上がるので症状を抑えてくれる可能性があります。

治療は抗生剤で2次感染を抑えたり、インターフェロンで免疫力を上げたりという対症療法になります。L-リジンというアミノ酸が猫ヘルペスウイルスを減らすことがわかっており、L-リジンのサプリメントを続けて飲ませると症状が軽減することがあります。この病気を含め、猫のウイルスが人や犬など違う種に感染することはありません。

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルスによる感染症で、初期症状はくしゃみ、鼻水、発熱など猫伝染性鼻気管炎によく似ています。症状が進むと舌・歯肉などの口腔粘膜や口の周囲に水疱や潰瘍を起こし、ときに急性の肺炎を起こして死亡させることがあります。回復した後もウイルスを排出することがありますので、他の猫にうつさないように注意が必要です。発生した場合は感染猫を隔離し、消毒を徹底する必要があります。アルコール消毒が効かないので、塩素系の消毒薬を使用します。

スタンダードな3種混合ワクチンで予防できますが、カリシウイルスの株によっては完全に感染を防ぐことはできないといわれています。アメリカでは死亡率の高い強毒性のカリシウイルスが報告されています。日本でも強毒株発生の可能性が指摘されていますが今のところ多くは発生していないようです。心配な場合はカリシウイルスが3種入った混合ワクチンを接種するのがいいでしょう。

猫汎白血球減少症(FPLV)

猫パルボウイルスによる感染症で、白血球が極端に少なくなる病気で、猫にとって最も危険な急性感染症のひとつです。ワクチン接種前の子猫や若い猫に発症が多く、高熱、嘔吐、食欲不振がみられ、血様下痢、急速な脱水症状により高い死亡率を示します。スタンダードな3種混合ワクチンで予防できます。パルボウイルスは環境中で長期間生存するため、発生すると食器やケージ、トイレを介して感染することがあります。発生した場合は感染猫を隔離し、消毒を徹底する必要があります。アルコール消毒が効かないので、塩素系の消毒薬を使用します。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

猫白血病ウイルスにより、白血病やリンパ腫などの血液の癌、貧血などを起こします。白血病とは白血球が癌化する病気で、障害を受けた部分により発熱、貧血、黄疸、腫瘍など様々な症状を起こします。潜伏期が数ヶ月~2年ほどあり、発病すると死に至ります。ウイルスの感染力は強くありませんが、感染猫は発病に至るまでの期間、唾液や涙、糞尿などにウイルスを排出するため、感染猫と生活を共にしている猫は感染する可能性があります。ケンカの時、唾液から咬傷で感染することもあるようです。このウイルスが人間や犬に感染することはありません。

感染する前なら、猫白血病ウイルス用のワクチンや、それを含む混合ワクチンで予防できます。感染しているかどうかは猫エイズとともに血液検査で調べることが出来ます。検査で白血病陽性と判定されても、感染初期の場合、ごくまれに治癒して陰性になる子がいます。ただし持続的に陽性になった場合、この病気を治すことはできません。治療としては様々な症状が出るのでそれに合わせた対症療法をすることになります。リンパ腫が見られた場合、抗がん剤を使用することがあります。末期的にはステロイドなどで緩和療法することが多いです。

猫伝染性腹膜炎(FIPV)

猫伝染性腹膜炎ウイルスによる不治の病です。症状には腹水や胸水が貯留する滲出型(ウェットタイプ)と、神経症状や眼病変、臓器不全を起こす非滲出型(ドライタイプ)があり、有効な治療法はありません。点滴や抗生剤、ステロイド、インターフェロンなどで対症療法を行い、症状を緩和しながら延命をはかります。

症状の進行は比較的ゆっくりですが、子猫などでは急性に進行することがあります。猫伝染性腹膜炎ウイルスは猫腸コロナウイルスと同じコロナウイルスに属し、抗体検査では両者を区別できません。猫腸コロナウイルスは軽い腸炎を起こす病気で、多くの猫が猫腸コロナウイルスの抗体を持っているため、抗体検査をしても猫伝染性腹膜炎かどうかわかりにくいのです。一般的なウイルスは抗体により感染性を無くしますが、伝染性腹膜炎ウイルスは抗体により逆に活性化してしまいます。

重症になると抗体価が上がるので、症状が出てからの抗体検査は伝染性腹膜炎の進行度を調べるのに役立ちます。ワクチンはないので、感染猫は隔離し、消毒を徹底します。このウイルスは強くないので、アルコールや洗剤などの一般的な消毒剤で死滅します。

猫クラミジア症

クラミドフィラ・フェリスによる感染症で、目やにを伴った結膜炎や、くしゃみ、鼻水、咳などの呼吸器症状が見られます。確定診断は遺伝子検査です。一般的な抗生物質は効かず、テトラサイクリン系やマクロライド系の抗生剤を使用します。5種、7種混合ワクチンで予防できます。ウイルスではないので人にうつる可能性があります。人にうつると結膜炎を起こします。一般的な消毒剤で消毒できます。

トキソプラズマ症

トキソプラズマ原虫という微生物による感染症です。ほとんどの哺乳類、鳥類に感染する可能性があり、猫科の動物はオーシストと呼ばれる卵のようなものを糞便中に排出するため、感染源として問題になります。感染した猫は初期に1週間程度の下痢をし、そのときにオーシストを排泄しますが、その後はオーシストを排泄しなくなります。オーシストを含む便をなめたり、感染したネズミなどを捕食しなければ感染しないため、室内飼育が増えた現在では猫の感染率が低下しています。

検査は抗体検査で行いますが、結果が陽性でもそれは過去の感染を意味していることがほとんどで、感染初期を過ぎてしまえば猫からオーシストがうつる可能性はかなり低いと言えます。猫が抗体検査陰性の場合はこれからかかる可能性があるので、感染動物などからうつらないように管理する必要があります。

人への感染で問題になるのは妊娠中に初めて感染することで、その場合流産したり胎児の発育に障害を与える可能性があります。妊婦さんが過去にトキソプラズマに感染している場合は心配ありません。人への感染は、猫の糞便のオーシスト、十分に火が通っていない感染豚肉や羊肉、それを調理した器具などから起こります。近年ではガーデニングの土に混ざったオーシストから感染することが指摘されています。従ってトキソプラズマに感染していない妊婦さんは、猫のトイレ掃除、生肉の調理、ガーデニングの土いじりなどを避け、予防に努める必要があります。

近年では猫からの感染よりも食肉から知らないうちに感染していることが多いようです。感染した猫がオーシストを排泄する期間は短く、抗体が陽性の猫はすでに治っていることがほとんどなので、間違っても妊婦さんがいるからといって飼い猫を捨てたりしないでください。感染してオーシストを排泄するのは子猫の時期が多いので、妊娠期間中に新たに子猫を飼うのは避けたほうがいいかもしれません。

猫の甲状腺機能亢進症

猫の甲状腺機能亢進症は高齢の猫によく見られる内分泌疾患です。甲状腺が腺腫性に過形成を起こしたり、腫瘍化することで甲状腺ホルモンが過剰分泌されることによって引き起こされる全身性の疾患です。主な症状は食欲低下を伴わない体重減少や多飲多尿、多食、消化器症状や心疾患、腎不全、高血圧が併発することもあります。なかには怒りっぽくなったり攻撃性が増す個体もあります。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると代謝が促進されすぎて動物が衰弱していきます。

診断は血液検査により甲状腺ホルモン値を測ることで行います。治療は甲状腺を外科的に切除する方法と投薬により甲状腺ホルモンの産生を抑制する方法があります。近年では甲状腺ホルモン産生に必要となるヨードを制限し過剰生産を抑えることを目的とした療法食が開発され、治療の選択肢が拡がっています。

猫の慢性腎臓病

高齢猫に最も多い病気のひとつが慢性腎臓病です。慢性腎臓病とは長い時間をかけて腎機能が徐々に低下する病気です。そのため、腎臓の働きである血液中の老廃物のろ過や水分の再吸収、電解質バランス調整や造血ホルモンの分泌などができなくなります。

慢性腎臓病の原因は、加齢に伴う腎機能の低下や過去のウイルス感染、細菌感染、尿石症などに伴う腎炎や、尿道閉塞、腫瘍性、先天性、遺伝性などの腎臓病によるもの、急性腎不全からの移行など様々考えられています。

腎臓は予備能力が高いため、症状が現れた時にはすでに腎臓の機能は7割以上失われていると言われています。そのため、慢性腎臓病が発見される頃には最初の原因が分からなくなっていることが多々あります。

慢性腎臓病のサインとして飼い主さんが気づく症状としては多飲多尿やおしっこの色が薄い、臭いがないといったことが多い様に見受けられます。この他にも元気消失や食欲低下、体重減少や毛づやの悪化、症状が進行してくると口の中に潰瘍ができたり口臭が強くなったりもします。また、便秘や嘔吐、貧血、網膜剥離、最終的に腎機能が消失すると乏尿、無尿となり尿毒症をという状態に陥ります。

失われた腎機能は完全に回復することはないため、慢性腎臓病は治る病気ではありません。しかし、早期に治療を開始することで進行を遅らすことができます。腎臓に負担をかけないようにタンパク質や塩分、リンなどが調整されている専用の療法食を用いたり、老廃物を吸着して便と一緒に排出させる吸着炭やリン吸着剤、血管を拡張させ腎臓の負担を軽くするACE阻害薬などが治療として挙げられます。最近腎臓病の進行を遅らせる飲み薬も発売されました。ラプロスというお薬で腎臓の毛細血管の血流を促進し、腎臓が萎縮するのを遅らせてくれます。腸管の血流も良くするので食欲も改善します。新薬なので値段が高いのと錠剤を朝晩飲ませないといけないのが欠点です。また、慢性腎臓病は脱水状態に陥りやすいため定期的な輸液が必要となります。場合によっては、皮下に輸液剤を注入する皮下点滴はご自宅で飼い主の方がやって頂くことも可能です。

猫の慢性腎臓病は完全に予防できる病気ではありません。しかし、原因因子となる病気にならないように適切なワクチネーション、ストレスのない生活環境、ライフステージにあった食事や充分な飲水、清潔なトイレを整えてあげることはできます。慢性腎臓病の診断には従来の血液検査に加えSDMAという早期に腎臓病を見つける項目を測定するのが推奨されます。また尿中タンパク/クレアチニン比(UPC)という項目の尿検査も早期に発見できると言われています。定期的な健康診断を受けさせてあげましょう。

猫の下部尿路疾患(FLUTD)

猫の下部尿路疾患は下部尿路である膀胱、尿道に関係する病変により引き起こされます。
その中でも多い疾患には膀胱炎や尿路結石、尿道閉塞が挙げられます。症状は血尿や頻尿、排尿困難、排尿時の疼痛(うめき声をあげながらの排尿など)が認められます。非常に再発率が多いため注意が必要です。

猫の尿石症は若い雄猫で重症化することがある疾患です。尿石の種類は色々ありますが、リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)とシュウ酸カルシウムが代表例として挙げられます。尿石の形成には尿のPHが酸性やアルカリ性に傾きすぎたり、尿中に排泄されるミネラル分の増加や水分摂取量の低下による尿濃縮が起因することで結石の基となる結晶が析出しやすくなると言われています。この尿石が膀胱を傷つけたり、尿道に詰まると症状を引き起こし、繰り返すと慢性膀胱炎や尿道狭窄を起こします。雄猫はもともと尿道が狭いので尿石や膀胱炎による炎症性産物が詰まりやすく、完全に閉塞すると排尿が出来なくなってしまいます。これを尿道閉塞と呼びます。尿道閉塞は発見、処置が遅れると急性腎不全に陥り死んで しまうこともある恐ろしい病気です。

小さなストラバイト尿石は専用の療法食により内科的に溶解させることができますが、結石が大きかったり、またシュウ酸カルシウムの場合には溶解ができないため外科的に取り除く必要があります。
尿石の予防としては、下部尿路疾患に対応した食事を与えること、水分をしっかり摂らせることが大切です。尿石症を繰り返す子は生涯にわたって療法食を食べさせる必要があります。
膀胱炎には結石性膀胱炎、細菌性膀胱炎などありますが、なかでも猫の膀胱炎は原因不明の特発性膀胱炎が多いと言われています。原因は特定されていないため諸説ありますが、ストレスが大きく関わっていると言われています。ストレスを緩和するサプリメントや療法食が治療に用いられます。漢方薬が効果的なこともあります。

猫はトイレに非常に神経質なため、常に清潔にし好みのトイレの形や砂の形状、素材など気にかけてあげて下さい。トイレの個数は飼育頭数プラス1個が理想だと言われています。また、泌尿器系の病気の予防には充分な水分摂取が必要とされています。猫はもともと水分摂取量の少ない動物ですので、数カ所に入れ物や温度の変えたお水を置いてその子にあったお水を知ってみるのもいいかもしれません。硬度の高いミネラルウォーターは結石の素因となるミネラル分が多く含まれていますので避け、水道水を用いて下さい。それでも水分摂取量が少ない場合にはウェットフードを用いる方法もあります。

いずれにせよ、猫の下部尿路疾患にはストレスや食事、水分摂取が大きく関わっていますので生活環境を見直してあげると同時に定期的な尿検査を行うことが重要です。

嘔吐

猫は吐きやすい動物で食べ過ぎたり毛玉が胃に溜まっていると吐くことがあります。しかし吐くのを続けて何度も繰り返し、食欲がなくなってしまったら注意が必要です。胃炎などの病気や胃内異物、膵炎、腸閉塞などが挙げられます。軽症のことが多いですが、重症では命に関わりますので、あまり様子を見ずその日のうちに受診しましょう。

猫は草を食べて毛玉を吐くと言われています。実際草を食べると吐きますが、猫は草を食べるのが大好きです。毛玉が溜まっていなくても草を食べます。そして吐きます。吐かない草は消化できないのでそのまま便に出ます。食べ過ぎると胃拡張や腸閉塞を起こす危険があるので一度にたくさん食べさせないようにしましょう。何事もほどほどに。草を食べさせることは必須ではありません。また猫草として販売されているものは中毒を起こしませんが、猫がかじる植物の中には中毒を起こすものが多くあります。代表的にはユリ科の植物で、これは急性腎不全を起こします。基本的に猫がいるお家では観葉植物などは置かない方がいいでしょう。

下痢

猫もお腹を壊すことがあります。悪いものを食べたり、お腹が冷えたり、ストレスで下痢や血便をすることもあります。多くの場合下痢止め・整腸剤などのお薬や時間の経過で治まりますが、中には治りが悪いことがあります。1カ月以上治らない場合は難治性の下痢と言います。通常のお薬で治らない場合は便の遺伝子検査で病原体を探したり、食事を変えたり、内視鏡検査をしたり、お薬を追加します。検査で見つかる原因としては、病原性大腸菌、トリコモナスやジアルジアといった原虫、パルボやコロナなどのウイルス、食事アレルギー、消化器の癌、リンパ腫などが挙げられます。

一般外科

皮膚腫瘍(しこり)や乳腺腫瘍、消化器腫瘍などの切除、腹部臓器、泌尿器疾患の軟部外科を行っています。避妊手術・去勢手術、歯石除去、抜歯手術、口腔外科も行います。専門性の高い整形外科手術は専門医を招いて手術を行います。当院での対応が難しい場合は大学病院や二次病院を随時紹介させていただきます。

診察料金

カルテ登録料(初回のみ)
1頭目2,000円、2頭目1,500円、3頭目1,000円
診察料2,000円、再診料1,000円
注射料2,500円以上、爪切り500~600円、肛門嚢処置500~600円

避妊手術・外科手術

手術(麻酔料を含む)
去勢(オス):15,000円(4.0kgまで)、4.1kg以上は1kgごとに1,000円追加
避妊(メス):27,000円(4.0kgまで)、4.1kg以上は1kgごとに1,000円追加

注意事項
・年齢、体重、手術の難易度や内容によって料金が変わります。
・その他の手術については、動物の種類、手術の難易度等により相当の金額となりますので随時ご相談ください

入院・お預かり料金

1泊2日 半日
5kg以下 4,000円 2,500円
5kg~10kg 4,500円 3,000円

注意事項
・入院・お預かりの際は1年以内のワクチン接種と1ヶ月以内のノミ予防薬投与が必要となります。またお預かりのみの場合でもカルテ登録が必要となります。
・入院設備には限りがあり、病気や手術後の子が優先されますので、お預かりの子はお断りする場合がございます。
・入院・お預かり中、鳴き続ける等の行動が見られた場合、帰宅後の体調を考慮し、次回よりお預かりできない場合もございますのでご了承ください。
・料金表は一つの目安です。診療内容等により料金が変わることがございますのでご了承ください。
・料金が予告なく変更される場合がございますのでその都度ご確認ください。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
・料金は全て税抜価格です。