犬の歯石除去

犬の歯石除去

犬の歯石除去

3歳以上の約8割が歯周病

3歳以上のワンちゃんの約8割が歯周病だと言われています。特に室内飼いの場合だとワンチャンの口臭や歯石は気になりますよね。実は匂いや見た目だけでなく、歯石の元となる細菌は食事の際などに体内に入ることで、腎臓・肝臓・心臓などの内臓疾患の引き金になることがわかっています。
デンタルクリニーングにより、健康的な歯を維持しましょう。

歯石沈着

歯の表面に付着した食べかすや細菌、多糖類などを歯垢と言いますが、歯垢が唾液中のカルシウムやリンによって石灰化したものを歯石といいます。歯垢はそれ自体が歯肉炎や歯周病を引き起こすわけではありませんが、炎症が慢性化する原因となるため、適切な治療を行わなければ歯周病が悪化し、大切な歯を失うことにもなりかねません。歯石を取り除き(スケーリングと呼びます)、再び歯石が蓄積することがないよう適切な予防を行うことをお勧めします。

デンタルクリーニング

なるべく早期にデンタルクリーニングを行うことをお勧めします。人間と同様に、動物にとっても歯と歯茎を清潔に保つことは健康維持のために必要なことです。歯周病が発生すると、そこから細菌が体内に侵入し、心臓や肝臓、腎臓に感染する可能性があります。ほとんどのペットが加工されたフードを食べている上、定期的に歯を磨いてもらっていない為、動物の歯周病は極めて一般的です。ペットの歯磨きは習慣的に行うことをお勧めします。口内環境を清潔に保つことは健康維持・口臭対策に効果的です。歯の状態が悪い場合には、全身麻酔をかけたうえでその歯を取り除くこともあります。
病院でデンタルクリーニングを受けた後はご自宅で定期的に歯を磨いてください。

デンタルクリーニングの実例

歯石除去前

歯石除去後