猫の診察

猫の診察

診療方針

猫ちゃんは病院では緊張し易く、ひどい場合にはパニックになってしまうこともあります。当院ではなるべく猫ちゃんを怖がらせないよう、優しく丁寧に診察することを心がけています。パニックになってしまう場合はネットやタオルを用いて、猫ちゃんが怪我をしないように診察させていただきます。

診療料金

カルテ登録料
(初回のみ)
1頭目2,000円、2頭目1,500円、3頭目1,000円
診察料 病気で来院された場合(詳細な報告書が付きます)
初回診察時2,000円、再診料1,000円
慢性疾患の継続診察時500円
耳処置料 1,500円~
(処置内容によって異なります)
注射料 2,500円~
(処置内容によって異なります)
レントゲン撮影料 6,000円~
超音波検査 2,000円~
糞便検査 1,500円~
尿検査 1,500円~

猫への想い

猫は私たちに寄り添ってくれます。特には私たち人間に困ったこともしますが、猫はそれ以上に沢山の愛を与えてくれています。
当院の副院長は猫が大好きです。猫の追っかけをして、常に猫まみれで過ごしたい。こんな考えを持っています(笑)。今でも本屋に並べられている猫特集の本は自然に手が伸びてしまいます。

昔は今以上に捨て猫が多く、子供のころから猫と共に育ち、その影響で獣医師を目指した経緯があります。現在では里親募集を目的とした「しらさぎカフェ」を運営していますが、そのような過去も関係しています。しらさぎカフェで面倒を見ている猫たちをトライアルで飼い主候補の方にお預けする際には、初めて子供をお泊まりに出した母親の気持ちになります。

猫との生活は癒しであり、幸せです。皆さまの生活が猫と共にさらに充実しますことをお力添えさせていただきます。

猫との生活で注意したいこと

食事について

健康に過ごす上で最も大切なことは食事です。おいしさを売りにした味の濃いフードや人間の食べ物、にぼしなどのミネラルの多い食事はさけて、年齢にあった品質の良いキャットフードを中心に与えましょう。にぼしなどでミネラルを摂りすぎると尿石ができることがあるので注意が必要です。太っている猫は可愛く見えますが、肥満は万病の元と言われるように、糖尿病や脂肪肝などの病気の元になります。猫ちゃんが食べたいだけ食べさせるのではなく、体重に合わせて適切な量のフードを量って与えましょう。

トイレについて

トイレについて、猫ちゃんは広くて浅い屋根なしのトイレが好きです。砂は好みがありますので、気に入らない場合は5種類くらい試しましょう。

汚れたトイレでは排泄をしたがらないので、なるべくこまめに掃除をしましょう。複数の猫がいる場合、トイレの数は頭数+1が理想と言われています。

猫草は基本的に消化出来ないので、食べると吐きます。これは本来胃にたまった毛玉を吐くために草を食べるのですが、草自体を好んで食べる子も多いです。

必要がない時に食べても吐くだけなので、毎日食べさせる必要はありません。観葉植物は中毒を起こすものが多いので食べさせないようにしましょう。特にユリ科の植物は腎不全を起こすので大変危険です。

爪研ぎについて

爪研ぎは猫にとって大切なことです。家具や柱で爪を研がれたくない場合は市販の爪研ぎを置いてあげましょう。爪研ぎをされたくない場所にはアルミホイルを貼ると防止出来るかもしれません。高齢だったり、生まれつき指の骨が曲がっていると、爪研ぎがうまくできないことがあります。それを放置すると爪が巻いてしまって指に刺さってしまうことがあります。爪研ぎが出来ない場合は月に1度爪を切ってあげる必要があります。おうちで切れない場合は病院へお連れください。